キッズスペース有 提携駐車場有

〒270-0034 千葉県松戸市新松戸3-270
サンハイム光洋 1号室

047-702-7200

9:00~13:00 / 14:00~19:00
日・祝 休診 ※ 水・土は18:30まで

WEB予約受付はこちら

Blog Page

Blog Page|松戸市新松戸の歯科,歯医者 森山デンタルオフィス

※再診(2回目以降)の方は電話にてお問い合わせ下さい

歯並びでお悩みの方へ 矯正治療

役立つ歯の情報を Blog page

歯科衛生士募集中

歯科医院ポータル 歯科タウン

AED設置施設

歯科医師募集中

当院の求人動画はこちら

歯科衛生士募集中

当院は歯科衛生士学生への修学支援に取り組んでいます

jimaマーク

HOME»  Blog Page»  医院ブログ»  誰も教えてくれない「ホルダータイプ」と「ロールタイプ」のフロスの違い

誰も教えてくれない「ホルダータイプ」と「ロールタイプ」のフロスの違い

誰も教えてくれない「ホルダータイプ」と「ロールタイプ」のフロスの違い

誰も教えてくれない「ホルダータイプ」と「ロールタイプ」のフロスの違い

誰も教えてくれない「ホルダータイプ」と「ロールタイプ」のフロスの違い

ご存じのように、フロスにはY字型などのホルダータイプや手巻きロールタイプの2種類があります。

「どのように使い分ければ良いですか?」

現場でこのような質問を頂くことが時々ありましたので、今日は「『ホルダータイプ』と『ロールタイプ』のフロスの違い」についてお伝えします。

 

ホルダータイプとロールタイプの違い

ホルダータイプにもY字型とP字型がありますが、前歯にはP字型が使いやすく、Y字型は奥歯が簡単に清掃できるという特徴がそれぞれあります。奥歯はどうしても磨き残しがあることが多いため、私は主にY字型をおすすめしています。

ホルダータイプとロールタイプの違いについては一覧にしてまとめてみました。

 

患者さんにはどちらをおすすめは?

患者さんにおすすめする基準としては、「どちらのフロスを使えば毎日フロッシングができるか?」です。

例えば、小学生の患者さんであればロールタイプは難しいので、ホルダータイプをおすすめします。

また、ホルダータイプでまずはフロスに慣れていただき、コストパフォーマンスに優れたロールタイプにチャレンジしていただくといったステップアップも一つの手です。

 

まとめ

どちらのタイプにもメリット・デメリットがありますが、やはり一番大切なポイントは、『患者さんがフロッシングを習慣化できるか?』です。

まずはフロッシングを習慣化するという観点からすると、初めての方でも簡単に扱えるホルダータイプがおすすめです。

さらに、フロスを歯ブラシより先に使ってもらう「フロス・ファースト」の概念も必要に応じて患者さんにお伝えするとより早く習慣化ができるかもしれませんね。

2020-09-25 16:36:13

医院ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
Page Top