キッズスペース有 提携駐車場有

〒270-0034 千葉県松戸市新松戸3-270
サンハイム光洋 1号室

047-702-7200

9:00~13:00 / 14:00~19:00
日・祝 休診 ※ 水・土は18:30まで

WEB予約受付はこちら

Blog Page

Blog Page|松戸市新松戸の歯科,歯医者 森山デンタルオフィス

※再診(2回目以降)の方は電話にてお問い合わせ下さい

歯並びでお悩みの方へ 矯正治療

役立つ歯の情報を Blog page

歯科衛生士募集中

歯科医院ポータル 歯科タウン

AED設置施設

歯科医師募集中

当院の求人動画はこちら

歯科衛生士募集中

当院は歯科衛生士学生への修学支援に取り組んでいます

jimaマーク

HOME»  Blog Page»  医院ブログ»  ゴムタイプの歯間ブラシの特徴とは?

ゴムタイプの歯間ブラシの特徴とは?

ゴムタイプの歯間ブラシの特徴とは?

平成28年の厚生労働省による歯科疾患実態調査によると、デンタルフロスや歯間ブラシなどの歯間清掃用具を用いている人は全体の約30%でした。歯間清掃用具の使用率を上げていくことは今後の口腔衛生環境の向上に欠かすことができません。

現在では金属ワイヤータイプの歯間ブラシが主流ですが、最近ではゴムタイプの歯間ブラシも登場しています。

今回は『ゴムタイプの歯間ブラシ』についてご紹介します。

ゴムタイプの歯間ブラシの特徴は、なんといっても素材がゴムであることです。「金属ワイヤーだと歯肉を傷つけそうで心配…」という患者さんにも使っていただくことができます。

素材がゴムなので、補綴物や矯正器具・インプラントを入れている患者さんにもおすすめです。

 

初心者にもゴムタイプの歯間ブラシはおすすめ

ゴムタイプの歯間ブラシは、初めて歯間ブラシを使う患者さんに、慣れるまでの導入用としても使えます。

歯間ブラシ使用により歯肉が痛む・血が出るという場合は、サイズの選び方を変えると改善する可能性があります。

 

歯間ブラシに関する3つの指導ポイント

歯間ブラシの使い方に関する指導ポイントは以下の3つです。

(1)適したサイズは歯と歯の隙間より一回り小さいサイズであることを説明する
(2)歯と歯の隙間にブラシをゆっくりと入れる
(3)左右の歯に沿って磨く

 

まとめ

金属ワイヤーが苦手な患者さんにはゴムタイプの歯間ブラシという選択肢があります。

まずはゴムタイプの歯間ブラシでセルフケア習慣をつけてもらい、その後金属ワイヤーの歯間ブラシにステップアップしてみましょう。

歯科衛生士の指導を受けてから使用してください!

2019-08-09 09:06:03

医院ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
Page Top