キッズスペース有 提携駐車場有

〒270-0034 千葉県松戸市新松戸3-41

047-702-7200

9:00~13:00 / 14:00~19:00
日・祝 休診 ※ 水・土は18:30まで

WEB予約受付はこちら

Blog Page

Blog Page|松戸市新松戸の歯科,歯医者 森山デンタルオフィス

※再診(2回目以降)の方は電話にてお問い合わせ下さい

歯並びでお悩みの方へ 矯正治療

役立つ歯の情報を Blog page

歯科衛生士募集中

歯科医院ポータル 歯科タウン

AED設置施設

歯科医師募集中

歯科衛生士募集中

HOME»  Blog Page»  夜寝る前の虫歯予防

夜寝る前の虫歯予防

夜寝る前の虫歯予防

う蝕リスクの高い患者さんには「フッ素配合の洗口液」がおすすめ



 
夜寝る前の対策の基本は「フッ素洗口液」を使うことです。特にう蝕リスクがハイリスクな方ほど洗口液は使った方が良いといえます。
フッ素洗口液の特徴は別の記事でもお伝えしていますが、
①口に入る1回分のフッ素量が、フッ素洗口剤の方が歯磨剤より多い。
②フッ素洗口剤は、洗口した後の水のすすぎがないので、フッ素が口腔内に残りやすい。
③液体なので口腔内全体にフッ素が拡がりやすく、粘膜などにフッ素が残りやすい。
といった特徴があります。
毎日寝る前に使用することで、う蝕予防の習慣にもなります。
 
歯周病のリスクが高い患者さんには「歯周病ケア用洗口液」を!
う蝕よりも歯周病のリスクが高い患者さんの場合、フッ素洗口液よりもおすすめなのが「歯周病ケア用洗口液」です。
歯周病ケア用の洗口液の特徴は、IPMP(イソプロピルメチルフェノール)やCPC(塩化セチルピリジニウム)、CHX(クロルヘキシジン)といった『殺菌剤』や、『抗炎症成分』が入っていることです。
特にIPMPはバイオフィルムに効果的な殺菌剤で、寝ている間にバイオフィルムが成長するのを防ぎ、歯周病のリスクを少なくします。
 
まとめ
う蝕・歯周病のリスクが高まる就寝中。そのケアには、就寝前の洗口液の使用がおすすめです。
洗口液にはう蝕予防のフッ素配合のものと、歯周病予防の殺菌剤配合の製品がありますが、患者さんのリスクに応じて、フッ素洗口液と歯周病用洗口液のどちらを使えば良いかを指導するようにしましょう。
う蝕・歯周病対策については下記の記事も参考にしてみてください。

2018-12-14 18:28:34

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
Page Top