キッズスペース有 提携駐車場有

〒270-0034 千葉県松戸市新松戸3-41

047-702-7200

9:00~13:00 / 14:00~19:00
日・祝 休診 ※ 水・土は18:30まで

WEB予約受付はこちら

Blog Page

Blog Page|松戸市新松戸の歯科,歯医者 森山デンタルオフィス

※再診(2回目以降)の方は電話にてお問い合わせ下さい

歯並びでお悩みの方へ 矯正治療

役立つ歯の情報を Blog page

歯科衛生士募集中

歯科医院ポータル 歯科タウン

AED設置施設

歯科医師募集中

歯科衛生士募集中

HOME»  Blog Page»  医院ブログ»  妊娠期の歯のケア

妊娠期の歯のケア

妊娠期の歯のケア

覚えておきたい妊娠期の歯のケアのこと


 

妊娠中は口腔内の環境が変化し、歯や歯肉のトラブルが起きやすい時期です。

母親がう蝕になると赤ちゃんもう蝕になるリスクが高まります。そのため、母親自身が正しいセルフケア習慣を身につけることが大切です。

今日は、「覚えておきたい妊娠期の歯のケアのこと」についてお伝えします。

 

治療は妊娠前、もしくは妊娠中期がベスト!

妊娠期は基本的に麻酔や薬が使えません。そのため、妊娠前に歯の治療を終わらせておくことが理想です。

セルフケアだけでは気づきにくいう蝕もあるため、定期検診を日頃から受けてもらうことが大切です。

一番の理想は妊娠前に歯科治療を終わらせてもらうことです。しかし、やむを得ない場合は体調が比較的安定している妊娠中期(4~7ヶ月)に行うのが良いでしょう。

 

つわりの時期は歯ブラシを口にすることに苦労することも・・・

妊娠初期(0~3ヶ月)に発生するつわり。ひどいときには歯ブラシを口にするにも苦労する場合があるなど、う蝕リスクが高まる時期です。

この時期は、ヘッドの小さい歯ブラシを使い、1日のうちで体調の良い時間にリラックスして歯磨きを行うよう指導します。ブラッシングの際は、歯ブラシを舌に当てないようにすると嘔吐感を避けやすくなります。

また、歯磨剤の味が急に嫌になるケースもあります。歯磨剤は香料や味が強い製品は避けるように指導しましょう。それでも難しければ歯ブラシだけでブラッシングする、デンタルリンスや水でぶくぶくうがいなどをして、最低限の予防をしましょう。

 

乳児の虫歯は母親の影響が大きい

母親に虫歯がある場合、子どもも虫歯になる確率が高くなります。

母親に虫歯がない場合、子どもが2歳で虫歯になった割合は4人に1人。一方、母親に虫歯がある場合は、4人に3人の子どもが虫歯になったというデータがあります。

妊娠後期は出産準備などが忙しく、歯磨きをおろそかにしがちになる場合があります。しかし、子どもを虫歯から守るためにも、正しいセルフケア習慣を継続することが大切です。

 

妊娠中はフッ素を使ってはいけない?

ときどき患者さんから「妊娠中にフッ素を使ったら赤ちゃんに影響しますか?」という質問を受けることがあります。

妊娠中でもフッ化物が入った歯磨剤は虫歯予防におすすめです。

妊娠期だからといってフッ素を使ってはいけないことはありません。赤ちゃんへの影響を心配される方もいらっしゃいますが、フッ素は胎盤をほとんど通過しません。赤ちゃんに影響することはないので、安心して使っていただけます。

 

まとめ

妊娠をすると体内のホルモンバランスの変化により唾液の分泌が減ります。その結果、口腔内の防御能が低下し、虫歯になりやすい環境ができます。

可能なかぎり妊娠前に治療を終わらせることが理想です。そのためには、日々のセルフケアと定期検診の重要です。

妊娠期はいろいろと環境が変化して患者さん自身も大変だと思います。ぜひ、今日の内容を参考に指導していただけたらと思います。

2018-11-10 09:29:25

医院ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
Page Top