キッズスペース有 提携駐車場有

〒270-0034 千葉県松戸市新松戸3-270
サンハイム光洋 1号室

047-702-7200

9:00~13:00 / 14:00~19:00
日・祝 休診 ※ 水・土は18:30まで

WEB予約受付はこちら

Blog Page

Blog Page|松戸市新松戸の歯科,歯医者 森山デンタルオフィス

※再診(2回目以降)の方は電話にてお問い合わせ下さい

歯並びでお悩みの方へ 矯正治療

役立つ歯の情報を Blog page

歯科衛生士募集中

歯科医院ポータル 歯科タウン

AED設置施設

歯科医師募集中

当院の求人動画はこちら

歯科衛生士募集中

当院は歯科衛生士学生への修学支援に取り組んでいます

jimaマーク

HOME»  Blog Page»  医院ブログ»  矯正治療中の歯磨剤・歯ブラシの選び方

矯正治療中の歯磨剤・歯ブラシの選び方

矯正治療中の歯磨剤・歯ブラシの選び方

今日は、矯正中の患者さんにおすすめの歯磨剤・歯ブラシの選び方についてお伝えします。

 

歯ブラシの選択がとても大切!

矯正治療で忘れてはならないのは、口腔ケアを行うための「歯ブラシの選択」です。

マルチブラケットやワイヤーなどの装置が取り付けられた矯正治療中の歯は、歯の表面や叢生歯部位などがとても磨きにくくなります。

そのため、使用する歯ブラシは狭い隙間に毛先が無理なく届くスーパーテーパード毛(先端細毛)を使用した製品を使うのがオススメです。

他に必須と言えるのが「歯間ブラシ」や「ワンタフトブラシ」です。

歯間ブラシは歯と歯の空隙だけでなく、歯とワイヤー間などの歯ブラシが届かない部位に詰まっている食物残渣を清掃するのに重宝します。

ワンタフトブラシはブラケットの周囲やワイヤーの下に毛先を入れて磨くとしっかり磨くことができます。

 

矯正専用の歯ブラシもある

21_2

メーカーによっては矯正専用の歯ブラシを用意しているところもあります。

・ワイヤー下部やブラケット周辺の清掃性を重視した屋根形カットの歯ブラシ
・ワイヤー下へ毛先が届きやすいように植毛の中央列が短くなった歯ブラシ

普通の歯ブラシだけではなく、これらの製品を併用することで、より良い影響を与える口腔ケアが可能です。

 

矯正治療中の歯を守るおすすめの歯磨剤

う蝕リスクが高い矯正治療中におすすめなのが、う蝕予防に作用するフッ素配合の歯磨剤です。

フッ素配合歯磨剤にもさまざまな製品がありますが、う蝕予防で大切なのは口腔内のフッ素濃度を高い状態に保つことです。

そのため、口腔内にフッ素をとどめておけるように少量洗口ができる製品が特におすすめです。

 

磨き残しのプラークが確認できる染色剤もおすすめ

磨き残しをしやすい部位を確認するために染色剤を活用するのもおすすめです。

磨き残しの部位が一目で確認できるので、矯正装置周辺や叢生部の清掃状況が把握でき、う蝕だけでなく歯周病予防にも役立ちます。

 

まとめ

隙間にたまりやすい食物残渣をブラッシングでしっかり落とし、う蝕や歯周病をできる限り予防できるかが矯正治療中のポイントです。

そのために、
・場合によっては矯正専用の歯ブラシを使用する
・歯ブラシ以外に歯間ブラシ・ワンタフトブラシで磨き残しをなくす
・磨く際のポイントを患者さんにしっかり指導する
・フッ素配合の歯磨剤を使う

といったポイントを押さえておくことが必要です。

2018-06-15 17:17:12

医院ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
Page Top