キッズスペース有 提携駐車場有

〒270-0034 千葉県松戸市新松戸3-270
サンハイム光洋 1号室

047-702-7200

9:00~13:00 / 14:00~19:00
日・祝 休診 ※ 水・土は18:30まで

WEB予約受付はこちら

Blog Page

Blog Page|松戸市新松戸の歯科,歯医者 森山デンタルオフィス

※再診(2回目以降)の方は電話にてお問い合わせ下さい

歯並びでお悩みの方へ 矯正治療

役立つ歯の情報を Blog page

歯科衛生士募集中

歯科医院ポータル 歯科タウン

AED設置施設

歯科医師募集中

当院の求人動画はこちら

歯科衛生士募集中

当院は歯科衛生士学生への修学支援に取り組んでいます

jimaマーク

HOME»  Blog Page»  症例紹介»  歯間ブラシの適したサイズの選び方

歯間ブラシの適したサイズの選び方

歯間ブラシの適したサイズの選び方



そもそも歯間ブラシって本当に必要なの?




よく聞かれるのが、「歯間ブラシって必要なの?」ということです。

とても必要なのです。
『歯ブラシでのブラッシングのみでは全体の58%しか、汚れ(プラーク)を除去できていません。』

フロスを併用すると86%、歯間ブラシを併用した場合95%のプラークの除去ができます。


このように歯と歯の隙間に残るプラークを除去するためには歯間ブラシが不可欠です。




サイズ選びのコツは「一回り小さい」ものを選ぶこと



歯間ブラシの場合、歯と歯の隙間より一回り小さいサイズがより良いサイズです。
隙間にブラシ部分まで収まるぐらいのサイズが目安となります。
大きめの方がきっちり汚れを除去できる気がするかもしれません。

しかし、あまり大きいものを使うと、

・歯と歯の隙間が広がってしまう
・歯肉を痛める
・ワイヤーが折れる

といったトラブルの原因になりかねません。

そのためきつすぎずスーッと入るくらいの感覚のサイズを選び、左右の歯に沿って磨くイメージで使ってください。



歯間ブラシの4つのポイント


1.お口に適したサイズを選ぶ


患者さん自身がドラッグストアなどで歯間ブラシを購入する場合、大きめのサイズを選びやすいです。
なので、歯科医院でより良いものを選んでもらうのがよいと思います。

2.歯と歯の隙間にブラシをゆっくりといれる

歯間ブラシを歯と歯の間にゆっくりと入れてください。
この時、金属のワイヤーが歯茎に刺さらないように、ブラシを入れる角度には気を付けてください。

3.左右の歯に沿って磨く

ブラシを入れたら、左右の歯に沿って前後に動かしてください。

歯茎に押し付けて磨くと、歯茎の先端がつぶれてしまって、隙間が広がってしまいます。
特に前歯の部分は見た目にも影響するのできをつけください。


4.1日1回でもよいです。

毎食後は大変だと思うので、まずは1日1回寝る前のブラッシングの時に使ってみてください。
1日1回使うだけでもいいです。

使っていてブラシの毛先が痛んできたり、ワイヤーが曲がってしまったら早めに交換してください。




歯ブラシと歯間ブラシの順番はどちらが先ですか????



結論からいうと、磨く部分が違うためどちらが先でも問題ありませんが、先に歯間ブラシを使ってもらうのがおススメです。

歯間ブラシ→歯ブラシの順番で使ってもらったほうが習慣づけになり、虫歯予防や歯周病予防の強化に繋がります。



ワンタフトの歯ブラシではだめですか?


歯と歯の隙間が大きい人の場合は、ワンタフト歯ブラシを使ったほうがやりやすい場合があります。
歯と歯の隙間にしっかり毛先が入るのであればOKです。




歯間ブラシを毎食後使うとなると大変ですが、歯間ブラシは1日1回寝る前の使用だけでもかまいません。
ただし、大きすぎるサイズを使うと歯肉を痛める原因になるので要注意!
歯と歯の隙間より一回り小さいサイズを選ぶことが大切です。


まだ使ってないという方は1日1回寝る前だけでも良いので、まずは試してみてください。





 

2018-03-30 12:23:34

症例紹介   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
Page Top