キッズスペース有 提携駐車場有

〒270-0034 千葉県松戸市新松戸3-270
サンハイム光洋 1号室

047-702-7200

9:00~13:00 / 14:00~19:00
日・祝 休診 ※ 水・土は18:30まで

WEB予約受付はこちら

Blog Page

Blog Page|松戸市新松戸の歯科,歯医者 森山デンタルオフィス

※再診(2回目以降)の方は電話にてお問い合わせ下さい

歯並びでお悩みの方へ 矯正治療

役立つ歯の情報を Blog page

歯科衛生士募集中

歯科医院ポータル 歯科タウン

AED設置施設

歯科医師募集中

当院の求人動画はこちら

歯科衛生士募集中

当院は歯科衛生士学生への修学支援に取り組んでいます

jimaマーク

HOME»  Blog Page»  医院ブログ»  歯周病ケアにも洗口液がおすすめです!歯周病ケア用洗口液の特徴とは?

歯周病ケアにも洗口液がおすすめです!歯周病ケア用洗口液の特徴とは?

歯周病ケアにも洗口液がおすすめです!歯周病ケア用洗口液の特徴とは?


現場では『歯周病ケア用の洗口液はどのような特徴があるの?』という声を時々耳にするので、
今日は歯周病ケア用洗口液の特徴についてまとめてお伝えします。


歯周病ケア用の洗口液の特徴はIPMPやCPC、CHXといった『殺菌剤』や『抗炎症成分』が入っていることです。
歯周病ケアで重要なのは細菌コントロールです。
そのためには、歯周病ケア用洗口液の特徴、入っている成分について知っておくことがとても大切です。





歯周病ケア用洗口液に含まれている殺菌剤とは?

歯周病ケア用洗口液には、IPMP(イソプロピルメチルフェノール)やCPC(塩化セチルピリジニウム)、CHX(クロルヘキシジン)などの殺菌成分が入っています。




それぞれの特徴は次の通りです。


IPMP (イソプロピルメチルフェノール)

CPCやトリクロサンといった殺菌剤に比べ、バイオフィルムに対する 浸透性が高いことが特徴です。

CPC(塩化セチルピリジニウム)

浮遊性細菌に対しての働きが高く、トリクロサンやクロルヘキシジン、ポピドンヨードと比べ低濃度から殺菌作用を発揮します。

CHX(クロルヘキシジン)

浮遊性細菌に働きがあり、特に欧米では昔から広く使われています。




また、歯周病ケア用洗口液の場合、歯肉の炎症を抑えるために抗炎症成分や出血を抑える成分も入っています。
代表的なのはグリチルリチン酸二カリウム、ε-アミノカプロン酸、トラネキサム酸といった成分です。


まとめると、歯周病ケア用洗口液にはバイオフィルムや浮遊性細菌に対してよく効く「殺菌成分」や「抗炎症成分」が含まれているのが大きな特徴です。





歯周病ケア用ジェルを使っていれば洗口液は必要ない??



ジェルと洗口液、どちらを使えばよい?と悩むこともあるかもしれませんが、形状の違いだけではなく、含まれている成分を確認しましょう。

どちらの形状がよいのかではなく、症状が重ければ両方を使っていただくのがおすすめです。

そのためにも、院内で取り扱っているケア製剤や用品については、成分や他製品との違いを知っておきたいですね。



歯周病ケア用の洗口液の特徴は、バイオフィルムに作用するIPMPや浮遊性細菌に対して作用するCPC・CHXが含まれていることです。

これらの製品を上手に使用することで、バイオフィルムの殺菌・浮遊性細菌の殺菌が行えます。
さらに、ジェルと組み合わせることで、より働きの高い歯周病ケアが可能です。




当院でも販売しておりますので、ぜひご活用ください!



 

2018-03-05 17:28:01

医院ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
Page Top