キッズスペース有 提携駐車場有

〒270-0034 千葉県松戸市新松戸3-41

047-702-7200

9:00~13:00 / 14:00~19:00
日・祝 休診 ※ 水・土は18:30まで

WEB予約受付はこちら

Blog Page

Blog Page|松戸市新松戸の歯科,歯医者 森山デンタルオフィス

※再診(2回目以降)の方は電話にてお問い合わせ下さい

歯並びでお悩みの方へ 矯正治療

役立つ歯の情報を Blog page

歯科衛生士募集中

歯科医院ポータル 歯科タウン

AED設置施設

歯科医師募集中

歯科衛生士募集中

HOME»  Blog Page»  症例紹介

症例紹介

  • 件 (全件)
  • 1

義歯のケア






汚れた義歯はう蝕・歯周病だけではなく、口臭・口内炎・色素沈着の原因になります。

義歯のお手入れをする場合は、義歯だけではなく残っている天然歯や口腔内もしっかりケアすることが必要です。
 

 

正しい義歯の洗い方

義歯を洗う際のポイントは、水で洗うことに加えて義歯用の洗浄剤を使うことです。水で洗い流すと一見汚れが落ちたように見えますが、菌は完全には洗い落とせていません。また、研磨剤入りの歯磨剤を使うと義歯を傷つけてしまうので、使用を控えるよう伝えましょう。

義歯のお手入れの流れは以下のとおりです。

1.流水で食べかすなどの大まかな汚れを洗い流す

小さな義歯でも必ず外すようにしてください。義歯を装着したままでは義歯の汚れが十分に取れないばかりか、虫歯・歯周病リスクが高くなってしまいます。ブラッシングの際には、傷を付けないように軽い力で磨きます。

義歯を洗面台に落としてしまうと義歯の変形や破損の原因になります。洗面器などの上で洗うようにして、義歯の破損を防ぐようにしましょう。

また、特に汚れやすい

・義歯裏側のくぼんだ部分

・金具周辺

・入り組んだ形の部分

は念入りに洗ってください。

義歯安定剤を使っている場合は特に細菌が繁殖しやすくなるため、より丁寧なケアが必要です。清潔に保つために義歯安定剤は毎日取り除くことが理想的です。

2.義歯洗浄剤で除菌・消臭を行う

流水で洗った義歯は、義歯洗浄剤を溶かした水(もしくはぬるま湯)に入れます。義歯洗浄剤により浸漬時間が決まっているので、その指示に従います。その後、義歯を取り出し流水下でブラッシングをして浮き上がった汚れを落とします。

3.就寝中は水を入れた容器で保管する

義歯は乾燥に弱いため、水(もしくは、一晩つけ置きをしても問題のない義歯洗浄剤)に浸して保管するようにしてください。

 

義歯だけでなく、口の中のお手入れも忘れず行いましょう!

義歯だけをきれいにしても、口の中に汚れが残っているままでは意味がありません。

また、普段義歯で覆われている歯肉や粘膜・舌の表面も粘膜ケア用のブラシなどを使い軽い力で清掃します。義歯安定剤を使っている場合は、そのままにしてしまうと粘膜を傷つける原因になります。

 

義歯が合わなくなった場合は相談してくださいね♪

義歯洗浄剤や義歯ブラシを使っても汚れが落ちない場合や、使っているうちに義歯が合わなくなることがあります。

・付けにくい、外しにくい

・壊れてしまった

・装着が安定しない

・食事がしづらい

といった悩みが出てきた際には、歯科医院に相談・来院してください。

また、初めて義歯を使う場合、最初はどうしても違和感を覚えます。ですが、義歯を使わないでいると義歯が合わなくなる原因になります。最初は違和感があるかもしれませんが、洗浄時以外は付けるようにしましょう。

 

まとめ

実際に義歯を使用したことがないと、義歯の使用感や扱い方について実際はよくわからないことも多いと思います。

ポイントとしては、

・必ず義歯を外してから流水と義歯洗浄剤を使って洗う

・口腔内もしっかり清掃する

・義歯が合わなくなった場合は、すぐに歯科医院に相談してくださいね。

2018-09-10 16:30:29

コメント(0)

折りたたむ

歯間ブラシの適切なサイズの選び方



そもそも歯間ブラシって本当に必要なの?




よく聞かれるのが、「歯間ブラシって必要なの?」ということです。

とても必要なのです。
『歯ブラシでのブラッシングのみでは全体の58%しか、汚れ(プラーク)を除去できていません。』

フロスを併用すると86%、歯間ブラシを併用した場合95%のプラークの除去ができます。


このように歯と歯の隙間に残るプラークを除去するためには歯間ブラシが不可欠です。




サイズ選びのコツは「一回り小さい」ものを選ぶこと



歯間ブラシの場合、歯と歯の隙間より一回り小さいサイズが最適なサイズです。
隙間にブラシ部分まで収まるぐらいのサイズが目安となります。
大きめの方がきっちり汚れを除去できる気がするかもしれません。

しかし、あまり大きいものを使うと、

・歯と歯の隙間が広がってしまう
・歯肉を痛める
・ワイヤーが折れる

といったトラブルの原因になりかねません。

そのためきつすぎずスーッと入るくらいの感覚のサイズを選び、左右の歯に沿って磨くイメージで使ってください。



歯間ブラシの4つのポイント


1.最適なサイズを選ぶ


患者さん自身がドラッグストアなどで歯間ブラシを購入する場合、大きめのサイズを選びやすいです。
なので、歯科医院での適切なものを選んでもらうのがよいと思います。

2.歯と歯の隙間にブラシをゆっくりといれる

歯間ブラシを歯と歯の間にゆっくりと入れてください。
この時、金属のワイヤーが歯茎に刺さらないように、ブラシを入れる角度には気を付けてください。

3.左右の歯に沿って磨く

ブラシを入れたら、左右の歯に沿って前後に動かしてください。

歯茎に押し付けて磨くと、歯茎の先端がつぶれてしまって、隙間が広がってしまいます。
特に前歯の部分は見た目にも影響するのできをつけください。


4.1日1回でもよいです。

毎食後は大変だと思うので、まずは1日1回寝る前のブラッシングの時に使ってみてください。
1日1回使うだけでも効果はあるんですよ。

使っていてブラシの毛先が痛んできたり、ワイヤーが曲がってしまったら早めに交換してください。




歯ブラシと歯間ブラシの順番はどちらが先ですか????



結論からいうと、磨く部分が違うためどちらが先でも問題ありませんが、先に歯間ブラシを使ってもらうのがおススメです。

歯間ブラシ→歯ブラシの順番で使ってもらったほうが習慣づけになり、虫歯予防や歯周病予防の効果があがります。



ワンタフトの歯ブラシではだめですか?


歯と歯の隙間が大きい人の場合は、ワンタフト歯ブラシを使ったほうがやりやすい場合があります。
歯と歯の隙間にしっかり毛先が入るのであればOKです。




歯間ブラシを毎食後使うとなると大変ですが、歯間ブラシは1日1回寝る前の使用だけでもかまいません。
ただし、大きすぎるサイズを使うと歯肉を痛める原因になるので要注意!
歯と歯の隙間より一回り小さいサイズを選ぶことが大切です。


まだ使ってないという方は1日1回寝る前だけでも良いので、まずは試してみてください。





 

2018-03-30 12:23:34

コメント(0)

折りたたむ

フッ素での虫歯予防と製品選びのコツ




大人の虫歯を予防するには日々の歯磨きが重要です。
その際『フッ素』を配合した歯磨剤やフッ素洗口液を使うのがベストですが、
「フッ素が配合されている歯磨剤を使っていれば、間違いない」そう思っていませんか?

実は、真実は違ったんです。。

今回はフッ素による虫歯予防の基本から、リスクに応じたペースト・ジェル・洗口液の選び方についてお伝えします。



フッ素で虫歯予防ができる3つの理由って?



フッ素が配合された歯磨剤で虫歯予防ができるということは皆さんもご存知だと思いますが、フッ素は次の3つの効果で虫歯を予防することができます。


フッ素の3つの働き

1.プラークによる酸の産生を抑えて歯の脱灰を抑える
2.再石灰化を促進して溶けだした歯を修復する
3.歯質を強化して、酸に溶けにくい歯にする


特に乳歯や生えたての永久歯は軟らかいので、再石灰化を促進させるためにも、フッ素配合の歯磨剤を使うことは必要です。
そのためにも正しいフッ素配合歯磨剤の使用方法をまずは皆さんが知ることが大事です。




フッ素の効果を高める使い方のポイントは3つ!



フッ素配合の歯磨剤の効果を高めるには、口腔内にフッ素を長く留めるのがポイントです。
予防効果を高めるには、次の3つのポイントを意識するのが大切です。

1.年齢に応じた適正な量を使う
2.使用後の洗口量をなるべく少なくする
3.1日の使用回数を多くする


1.年齢に応じた適正な量を使う

フッ素配合の歯磨剤はたくさん使えば良いというものではなく、年齢に応じて量を使い分けることが大切です。

年齢による使用量の目安は表を参考にしてみてください。








2.使用後の洗口量をなるべく少なくする



フッ素をお口の中に長くとどめるためには、正しい洗口方法をすることが必要です。
適量で何度も洗口してしまうと、口腔内のフッ素濃度が落ち込むことがわかっています。


 


3.1日の使用回数を多くする



「1日の使用回数を多くする」というのも大事なポイントで、1日1回以下で使った場合と1日2回以上使った場合とでは、3年間で発生した虫歯の数が20%も減ったというデータがあります。

以上の3つのポイント以外にもメーカーによっては独自のフッ素滞留性技術を使って、フッ素の口腔内濃度を高めているものがあります。

こういった独自の技術も歯磨剤を選ぶ一つのポイントにしてみてください。





フッ素飲んじゃっても大丈夫なの?



フッ素による急性毒性発現の闘値




巷では「フッ素は危ない」と言われてしまうこともありますが、結論から言えば、通常の使い方をしている限りは安全です。

仮にフッ素配合の歯磨剤1回分を全てのみこんでしまったとしても、急性毒性を発現するフッ素の量には全く至りません。


一方、慢性毒性としては歯に白い斑点や褐色などの染みなどの症状が現れるフッ素症があります。
しかし、慢性毒性について気にすべきは4歳ぐらいまでの乳幼児が大量に飲み込んでしまった場合のみで、適量を1日3回使用している分には全く問題はありません。


虫歯リスクに応じた製品の使い分けで、さらに効果的な虫歯予防ができる!


ここまでの流れでフッ素配合製品を効果的に使う方法がおわかりいただけたでしょうか?

基本的にはフッ素が入った製品を使うことで虫歯予防ができます。

虫歯のリスクは、年齢・症状によって次のように分類することができます。








年齢・リスクに応じた製品選びのポイント


・基本的には毎食後に清掃剤(歯磨剤)が配合された「ペースト」の歯磨剤で歯の汚れを落とします。

・虫歯リスクが”中”の場合、「ペースト」に加え、就寝前に「ジェル」を歯全体に塗布するようにブラッシングすると効果的です。

・虫歯リスクが”高”の場合、「洗口液」を使って、より多くのフッ素がお口の中に残せるプラスケアがおすすめです。

・また、うがいが苦手な乳幼児や高齢者の方は、すすぎが簡単な「フォーム」タイプが適しています。


いろいろなタイプの製品が出ていますので、詳しい使い方については、ぜひメーカーさんに尋ねてみてください。





最後に




フッ素で効果的に虫歯を予防するには、

1.年齢に応じた適正な量を使う

2.使用後の洗口量をなるべく少なくする

3.1日の使用回数を多くする


この3点が重要です。














 

2018-03-16 17:25:13

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
Page Top