キッズスペース有 提携駐車場有

〒270-0034 千葉県松戸市新松戸3-41

047-702-7200

9:00~13:00 / 14:30~19:30日・祝 休診 ※ 水・土は18:30まで

WEB予約受付はこちら

歯周病治療

歯周病治療|松戸市新松戸の歯科,歯医者 森山デンタルオフィス

歯並びでお悩みの方へ 矯正治療

役立つ歯の情報を Blog page

歯科衛生士募集中

歯科医院ポータル 歯科タウン

AED設置施設

歯周病は早期発見・早期治療が大切です

新松戸の歯医者「森山デンタルオフィス」では、さまざまな歯周病の症状に対応するため、幅広い治療法をご用意し、患者様のご来院をお待ちしております。歯周病は通称「サイレントディシーズ(静かなる病気)」とも呼ばれるほどに、自覚症状に乏しい病気です。重度の歯周病になる前に、少しでも歯ぐき等に違和感を覚えたなら、できるだけ早く当院までお越しください。

歯ぐきから血が出る方は要注意

歯周病は、蓄積したプラークの中に潜んでいる歯周病菌が歯ぐきに感染し、炎症を引き起こす病気です。そのまま放置すると、歯を支える顎の骨や歯ぐきが炎症によって溶け、場合によっては自然に歯が抜け落ちてしまう可能性も。そのため、歯ぐきが腫れたり出血したりした場合には、すぐに治療を受ける必要があります。

しかし、初期段階ではほぼ自覚症状はなく、それを示すかのように日本においては8割以上の成人が歯周病患者、もしくは予備軍である、というデータもあります。こうした事態を避けるためには、ご自宅でのデンタルケアはもちろん、専門家の手によるメインテナンスを受け、予防や早期発見・治療に努めることが大切です。

歯周病の症状と治療法

歯周炎
歯ぐきに炎症が起きている状態です。歯みがきの際に、出血することもあります。
歯周ポケットの深さ 3mm程度
軽度歯周炎
歯周炎が進行し、歯石ができはじめて、顎の骨も徐々に溶かされている状態です。冷たい物を口に含むとしみたり、口臭が強くなったりします。
歯周ポケットの深さ 4mm程度
中等度歯周炎
顎の骨が半分以上溶かされており、舌や指で歯を押すとグラグラ揺れます。出血や腫れ、口臭だけでなく、歯が浮いたような感覚になることがあります。
歯周ポケットの深さ 6mm程度
重度歯周炎
顎の骨の大部分が溶かされている状態で、歯がグラグラになってしまっています。歯根も露出しはじめるので、歯が長く見えるようになり、場合によっては自然に抜け落ちてしますこともあります。
歯周ポケットの深さ 6.5mm程度

初期の治療法

初期の歯周病は、炎症の原因であるプラークと、細菌が潜む歯石を除去することで治療を行います。なお、歯石はプラークが石灰化したもので、ご自宅での歯みがきではキレイに取り除けません。こうした汚れは、プロのメインテナンスにお任せください。

スケーリング
スケーラーと呼ばれる専用器具を使い、歯に付着した歯石を除去します。

ルートプレーニング
スケーリングで取れなかった歯石に対して行う処置です。キュレットと呼ばれる専用器具を使って歯石を除去し、最後に歯の表面をツルツルにして、プラークの再付着を防止します。

薬で治す最新歯周病治療

森山デンタルオフィスでは、「歯周病を短期間で治す」歯周内科治療という「最新」の歯周病治療に取り組んでいます。

1

まず位相差顕微鏡という特殊な顕微鏡で、お口の中の菌を観察します。
顕微鏡画像やレントゲン画像、お口の中を見て歯周病菌が活躍していそうだ、ということが判明するとより詳しい検査を行います。
より詳しい検査というのは、リアルタイムPCR検査といって菌のDNAを分析することで、歯周病の原因菌のうち何という菌が何匹いるのかを調べることができます。
DNA検査の結果に合わせて、必要ならお薬使って歯周病菌をやっつけます。

2

お薬でやっつけながら、同時に歯石を取ったりして、お口の中をきれいにしていきます。
お薬と、お掃除で菌を減らし、ちゃんと減っているかどうか最後にもう一度DNA検査を行います。

3

その後、メインテナンスを行い、悪玉菌が増えないようにお口を守っていきます。

重度の治療法

歯周病が重度にまで進行すると、歯と歯ぐきが離れ、さらに腫れも起こるので歯周ポケットがより深くなってしまいます。プラークや歯石が溜まりやすくなると、さらに症状が進行してしまうため、この段階にまでなったらはじめに歯周ポケットの内部をキレイにしなくてはいけません。また、必要に応じて再生治療を併用し、溶けてしまった顎の骨や痩せた骨を補います。

汚染組織除去

フラップ手術
局部麻酔をした後に歯ぐきを切り開き、歯根を目で直接確認しながら歯石・プラークの除去を行います。

再生療法

エムドゲイン法
特殊なゲルを歯ぐきへ充填することでスペースを確保し、骨の再生を促進する再生療法です。汚染物質の除去後には、顎の骨が再生するよりも歯肉のほうが早く再生してしまうため、こうした処置が必要となります。
Page Top