キッズスペース有 提携駐車場有

〒270-0034 千葉県松戸市新松戸3-41

047-702-7200

9:00~13:00 / 14:30~19:30日・祝 休診 ※ 水・土は18:30まで

WEB予約受付はこちら

全身疾患と歯周病

全身疾患と歯周病|松戸市新松戸の歯科,歯医者 森山デンタルオフィス

歯並びでお悩みの方へ 矯正治療

役立つ歯の情報を Blog page

歯科衛生士募集中

歯科医院ポータル 歯科タウン

AED設置施設

歯周病はお口だけの問題ではありません

体の不調の原因にはさまざまなものがありますが、ケースによっては歯周病が深く関わっている可能性があります。と言うのも、最近の研究により「歯周病と全身疾患には密接な関係がある」ということがわかっているからです。「歯周病は口の病気だから、身体とは関係がない」と思っていると、不調の原因を見逃してしまうかもしれません。こちらでは、新松戸の歯医者「森山デンタルオフィス」が、全身疾患と歯周病の関わりについてご説明します

歯周病と全身疾患の関わり

歯周病と全身疾患の関わり

歯周病の代表的な症状には、歯ぐきの腫れや出血、口臭、歯のぐらつきなどが挙げられます。こうして見ると、歯周病はお口の中だけの問題に見えますが、実は全身にも悪影響が及ぶケースがあることをご存じでしょうか? 「痛くないから大丈夫」と思って、歯周病を軽く見たり、明らかに症状があるのに放置したりすると、後々大きな問題へと発展する可能性があります。以下では、歯周病に関わりのある全身疾患をいくつかご紹介します。

糖尿病

糖尿病

歯周病になると、同時に糖尿病を発症するリスクが高くなるということがわかっています。糖尿病はそのまま放っておくと、腎症や網膜症といった合併症につながる恐ろしい病気ですので、注意しましょう。なお、歯周病の治療を行うと、インスリンの働きが活発となるため、血糖値が改善できる場合があります。

心疾患

心疾患

歯周病はお口の中で炎症性物質を産生します。これが血流を介し、心臓にまで届くと、その周りの血管に負荷を与える可能性があります。そのため、歯周病の進行は心疾患のリスクを高くする、と考えられています。

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)

誤嚥性肺炎とは、気管から肺へ唾液や食べ物が達し、引き起こされる感染症です。ほとんどの原因は唾液に含まれている最近ですが、その中には歯周病菌も含まれます。加齢によって誤嚥を起こしやすいという方は気を付けなくてはなりません。

早期低体重児出産

早期低体重児出産

妊娠中は“つわり”に悩まされる女性も多いです。そんな時には、気分が悪くなってしまってなかなか歯みがきが行えず、口内環境が不潔になってしまうことも多いでしょう。そのせいで歯周病になってしまうと、歯周病菌が作り出す炎症性物質が、へその緒を通じ胎児に悪影響を与えることも。これが原因となり、低体重児出産や早産のリスクにつながります。

骨粗しょう症

骨粗しょう症

骨粗しょう症になると、全身の骨が弱くなりますが、これは歯を支える歯槽骨も例外ではありません。歯槽骨が弱くなれば、歯周組織の破壊も進み、結果として歯周病が進行しやすくなってしまいます。主に高齢者の方に多い症状ですので、骨粗しょう症になってしまったのなら、歯周病についても疑うようにしましょう。

歯周病は加齢に伴い進行します

歯周病は加齢に伴い進行します

加齢は全身の免疫力を低下させます。細菌に感染した歯ぐきや骨に対する治癒力が衰え、組織の修復が追いつかなくなると、口内が歯周病を進行させやすい状態になってしまうのです。さらに、歯周病の悪化は噛む機能の低下につながる他、歯周病菌の増殖によって口臭も強くなります。そして、前述したような全身疾患にもつながります。こうした事態を避けるには、30代や40代の若いうちからケアをはじめ、口内を健康に保てる習慣を身につけることが大切です。

Page Top