キッズスペース有 提携駐車場有

〒270-0034 千葉県松戸市新松戸3-41

047-702-7200

9:00~13:00 / 14:30~19:30日・祝 休診 ※ 水・土は18:30まで

WEB予約受付はこちら

入れ歯治療

入れ歯治療|松戸市新松戸の歯科,歯医者 森山デンタルオフィス

歯並びでお悩みの方へ 矯正治療

役立つ歯の情報を Blog page

歯科衛生士募集中

歯科医院ポータル 歯科タウン

AED設置施設

自分のお口にぴったりの入れ歯で、毎日を楽しく過ごしましょう

入れ歯がお口に合っていないと、食事や会話を思いっきり楽しめないだけでなく、時には口内に傷が付いてしまうこともあります。しかし、「入れ歯はこんなもの……」と諦めてそのままにしている方も多いでしょう。しかし入れ歯は、しっかりとした検査と調整さえ行えば、ご自身にぴったりなものを末永くお使いいただけます。こちらでは、松戸市の歯医者「森山デンタルオフィス」の義歯(入れ歯)治療についてご紹介します

「入れ歯が合わない」とお悩みの方へ

虫歯や歯周病によって歯を失った場合には、早めに補綴(ほてつ)治療を行う必要があります。そのまま放置すると、隣の歯が倒れ込んできて傾いたり、欠損歯と噛み合わさっていた歯が伸びてきたりする場合も……。

こうした際に利用するのが入れ歯治療です。とは言え、一口に"入れ歯"と言ってもその種類はさまざま。患者様のお口それぞれに合わせなくてはいけないので、入れ歯には「既製品」というものがありません。常にオーダーメイドでなくてはいけないのです。

しかし残念ながら、「せっかく作った入れ歯が口に合わない」という患者様も少なくありません。これは時間の経過と共に口腔内環境が変わり、サイズが合わなくなったり、噛み合わせがズレたりするのが原因です。お口に合わない入れ歯を使い続けると、食事をおいしく楽しめないだけでなく、時には口内の粘膜を傷つけてしまうことも。

このように、口腔内環境を清潔で安全に保つためには、ご自身のお口にぴったりな入れ歯を作ることが大切です。もしも今の入れ歯に不満がある場合は、ぜひ一度当院までご相談ください。

保険と自費の入れ歯の違い

保険治療でも自費治療でも入れ歯を作ることはできます。しかし、大きな違いはその費用です。当然、保険のほうが金額は安くなりますが、使用できる素材は限られてしまいます。一方、自費であればさまざまな素材を選べますが、その分費用が高くなってしまいます。大切なのは、それぞれの特徴を把握し、ご自身に合った入れ歯を作ることです。以下は、保険と自費、それぞれの治療の違いです。

  保険治療 自費治療
素材 歯科用プラスチックのレジンのみ

金属やシリコンなど、さまざまな素材から選択できる
費用 安価 高価
審美性 見た目が不自然で、入れ歯なのが分かりやすい 自然で入れ歯だと分かりにくい素材が選べる
耐久性 使い続けると割れたり減ったりするが、修理は容易 素材にもよるが、強度が高いものや丈夫なものを選べる

入れ歯のメリット・デメリット

入れ歯は欠損歯を補うのに便利な装置であり、多くのメリットがあります。しかし、自分の歯はもちろん、他の治療に比べて劣る点もないわけではありません。そこでここでは、入れ歯のメリット・デメリットを解説します。

メリット デメリット
・外科的な手術が不要
・清潔な状態を保ちやすい
・歯を削らなくて良い
・治療の期間が短い
・比較的治療費が安価
・保険治療の入れ歯は見た目が目立つ
・入れ歯を支える健康な歯に負担がかかる
・噛む力が自分に歯に比べると弱くなる

入れ歯の種類による注意点

口内にご自身の歯が残っている際に用いるのが部分入れ歯です。残存歯にバネをかけ、入れ歯を固定する仕組みなのですが、当然これですとバネがかけられた歯は噛む度に大きな負荷がかかります。そのため、支えになっている歯の寿命が縮まる可能性があります。
ご自身の歯がすべて抜けてしまっている場合に用いるのが総入れ歯です。入れ歯を歯ぐきに吸着させ固定させるのですが、噛み合わせが悪いと簡単に外れたり、ぴったり合っていないとすき間へ食べ物が挟まったりするので、食事中に痛みが出ることがあります。

入れ歯に関するよくある質問

  • 治療してからでないと入れ歯を作れないのはなぜですか?

    入れ歯をすぐに作れるとは限りません。口の中の状態によってどのような入れ歯を作るのか違ってきます。たとえばグラグラしている歯がある場合、そこに金属をかけると結局はその歯も抜く可能性が出てくるので、抜いてから入れ歯を作る方がいいのです。口の中の状態を見極め、今後起こり得る変化を予想して適切な処置しその後に入れ歯を作る方が口の健康の改善につながります。

  • 前歯がグラグラします。前歯が無いと見た目が悪くなるので何とかならないですか?

    前歯の場合、抜歯予定部位を予測して作り、抜歯後すぐに装着できる『即時義歯』があります。メリットは、見た目の変化を気にすることなく、さらに噛み合わせも保てることです。しかし、抜歯後の歯ぐきが治っていく過程で歯ぐきが次第に下がり、入れ歯と歯ぐきの間に隙間ができて入れ歯が合わなくなるというデメリットがあります。そのため、歯ぐきが完治した後に入れ歯の修理等をする必要がでてきます。

  • 入れ歯にはどのような種類がありますか?

    大きく分けて部分入れ歯と総入れ歯があります。部分入れ歯は、残っている歯に針金などをかけ、外れにくくする入れ歯で、総入れ歯は歯が残っておらず全てが入れ歯になったものです。保険適応内で入れ歯を製作した場合、プラスチック部分の多い入れ歯となります。保険適応外のものとしては、高品質の金属部分を多くした金属床義歯があります。

  • 保険適応外の入れ歯にはどのような種類・特徴がありますか?

    保険適応外にはさまざまな種類があるので、代表的なものを挙げます。

    金属床義歯 コバルトクロム合金や金合金を使った入れ歯です。強度があるので割れにくく、薄くできるので違和感がありませんが、緩くなったときの対処が困難です。
    アタッチメント義歯 残っている歯と入れ歯を磁石や特殊な装置でカチッとはめる入れ歯です。
    インプラント義歯 数本のインプラントを埋め込み、その上に入れ歯を乗せます。入れ歯の動きが小さくなり、外れにくくなります。
  • 入れ歯はどうやって作るのですか? 期間はどのくらい必要ですか?

    入れ歯は、作り終えたらそのまま簡単に使えるという物ではありません。痛みは装着後に頻繁に見られる症状ですが、それを軽減するためにも調整が必要なのです。入れ歯は材料の特性上、完成時に少し変形して小さくなるので、削らないとぴったりと合いません。最初からある程度の調整が必要なのです。また、噛み合わせの力に耐えられず痛みが出るところがありますが、そこは人によって異なるので、実際に食事をするなどして、痛みが出る場所を調整します。痛みに慣れるだろうと考えて受診を怠らず、必ず調整してもらいましょう。

  • 入れ歯の手入れはどのようにすればいいですか?

    入れ歯も自分の歯と同じようにお手入れが必要です。入れ歯を掃除しないと食べかすがたまり、細菌が繁殖しやすくなります。また、誤嚥性肺炎のリスクも高まります。食事の後は入れ歯専用ブラシで磨きましょう。歯磨き剤を付けて磨くと入れ歯に傷がつくので、ブラシだけで磨きます。寝るときは外して水につけておきます。市販の入れ歯洗浄剤を使用すると、化学的に消毒することができます。

  • 作った入れ歯はどのくらい使えますか?

    入れ歯を長く使っていると、緩くなったり噛む面がすり減って平になってきたりします。どのような入れ歯でも少しずつ合わなくなってくるので、数年に1度は作り直すことが一般的です。 緩くなってきた場合、入れ歯の裏側に歯科材料を使用することによって再びぴったり合わせられる場合があります。それであれば、同じ入れ歯を使用することが可能になります。 合わなくなった入れ歯を我慢して使用せず、歯科医院で適切な処置を受けま しょう。

Page Top