キッズスペース有 提携駐車場有

〒270-0034 千葉県松戸市新松戸3-41

047-702-7200

9:00~13:00 / 14:00~19:00
日・祝 休診 ※ 水・土は18:30まで

WEB予約受付はこちら

Blog Page

Blog Page|松戸市新松戸の歯科,歯医者 森山デンタルオフィス

※再診(2回目以降)の方は電話にてお問い合わせ下さい

歯並びでお悩みの方へ 矯正治療

役立つ歯の情報を Blog page

歯科衛生士募集中

歯科医院ポータル 歯科タウン

AED設置施設

HOME»  Blog Page

Blog Page

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2

夏季休診について


こんにちは。

当院では、8/12~8/16まで休診とさせていただきます。

17日より通常診療になります。
よろしくお願い致します。

2018-07-27 18:03:03

コメント(0)

折りたたむ

キシリトールについて

キシリトールとは

(図1)キシリトールの原料になる白樺

 キシリトールは、ソルビトールやマルチトールと同じ糖アルコールという甘味炭水化物の仲間です。自然界では多くの果実や野菜に含まれています。例えば、イチゴには乾燥重量100g中に約300mgのキシリトールが含まれています。また、人の肝臓でも、1日当たり約15gのキシリトールが作られています。私達がガムやタブレットなどのお菓子の形で口にするキシリトールは、白樺(図1)や樫などの木から抽出されるキシランヘミセルロースを原料にして、工業的に作られています(図2)。自然界にあるキシリトールも、工業的に作られたものも、同じ分子式(C5H12O5)(図3)ですので、両者に差はありません。

 キシリトールは、日本では平成9年(1997年)4月に食品添加物として認可されました。しかし、それ以前から10年以上、輸液に含まれる糖質として使用されており、人体にも安全であることが知られています。

 また、米国では、その安全性から「1日にどれだけ摂取しても良い食品」として扱われています。

(図1)キシリトールの作り方 (図2)キシリトールの分子式
(図2)キシリトールの作り方 (図3)キシリトールの分子構造

 

砂糖と同じ甘さを持つキシリトール

 キシリトールは、糖アルコールの中で最も甘く、砂糖と同じ甘味度を持っています。キシリトールは溶ける時に熱を奪うので、口に含むとスーッとした冷たい感覚があります。そのため、ミントの味によく合うことから、キシリトールを使ったお菓子には、ミント味が多く見られます。また、果物の味をより新鮮にする効果や、苦味を消す効果もあります。

 さらに、冷却効果があることから、布地に応用した夏用の肌着や寝具、そして化粧品も市場に出ています。

むし歯の原因にならない甘味料

 キシリトールを始めとする糖アルコールは、むし歯の原因になりません。糖アルコールからは、口の中で歯を溶かすほどの酸は作られないからです。ソルビトールやマルチトールからは、少量ですが歯垢(プラーク)中で酸ができますが、キシリトールからは酸は全くできません。また、キシリトールの方が甘みが強いので、その甘味により唾液も出やすくなります。

 酸を作らないこと、そして、唾液の分泌を刺激して酸を中和することが、キシリトールがむし歯の原因にならない理由です。

むし歯を防ぐ甘味料

 キシリトールには、「むし歯の発生や進行を防ぐ」という、他の糖アルコールにはない特徴的な効果があります。

 キシリトールをガムやタブレットの形で一定期間以上口の中に入れると、むし歯の原因となる歯垢が付きにくくなるだけでなく、歯の再石灰化を促し、歯を固くします。さらに、キシリトールには、むし歯の大きな原因であるミュータンス菌の活動を弱める働きも持っています。

 このような働きは、他の甘味料には見られない、キシリトールだけの効果です。

2018-07-20 16:33:25

コメント(0)

折りたたむ

市販の歯磨き粉と歯科用歯磨き粉の違いとは?

誰も教えてくれない「歯磨剤のペースト・ジェルの違い」と「ジェルの効果的な使い方」



 

 

う蝕予防・歯周病ケア製品にはペースト・ジェル・フォーム・洗口液など、さまざまなタイプの製品があります。それぞれに特徴があり、効果的な使い方も異なります。

 

ペーストとジェルの違いはコレ!

ペーストとジェルの違い

メーカーによって多少の差はありますが、ペーストとジェルの主な違いは表のとおりです。最大の違いは、ジェルは口腔内にフッ素がより滞留しやすいという特徴があることです。

ペーストは歯磨剤にフッ素、発泡剤、清掃剤(研磨剤)が入っているので、う蝕予防を目的とした全ての方に使えます。

一方、ジェルの歯磨剤は余分な発泡剤がほとんど入っていません。また、清掃剤も無配合にすることでフッ素をなるべく長く口腔内に残すような設計になっています。

そのため、ジェルはペーストよりもう蝕リスクの高い方に向いている歯磨剤です。

 

ジェルの効果的な使い方は『就寝前に』使うこと!

毎食後にフッ化物歯みがき+お休み前にフッ化物ジェル

ジェルの効果的な使い方は「就寝前に」使うこと。

本来は1日2回以上使うのが理想的ですが、時間のない朝や昼などは無理に使用する必要はありません。

メーカーの方に説明をしていただいた時にも、「フッ素は長期間使用することで効果が得られるものです。1日1回でも構わないので就寝前のジェルの使用をお勧めしています」とおっしゃっていました。

ジェルは歯にピッタリと密着するので、フッ素が口腔内にしっかりと留まります。

さらに寝ている間はだ液の量も少なくなるため、就寝前に使うことで睡眠中にしっかりフッ素ケアができるというわけですね。

 

ジェルの使い方

ジェルの使い方はペーストと似ていますが、しっかりブラッシングをするのではなく『歯全体に塗布するように』ブラッシングをします。

また、泡立ちが少ないので、洗口をせずにだ液と一緒に吐き出すだけでも大丈夫なのが特徴です。

 

ナース

ペーストタイプは発泡剤と清掃剤が入っていて、まずしっかり汚れを落とします。

例えるならシャンプーの役割です。

ジェルタイプは汚れが落ちたキレイな歯をフッ素でコーティングします。

こちらはリンスの役割です。

特に寝る前に使ってもらうと、睡眠中もフッ素ケアができるので効果的です。

 

 

ジェルには発泡剤がほとんど含まれず、清掃剤は無配合。さらに、歯にピッタリと密着するので、長時間フッ素を口腔内に留めることが可能です。

フッ素ケアは長期間続けてもらうことが大切なので、1日1回就寝前にジェルを使うだけでもOKです。

 

2018-06-30 09:15:14

コメント(0)

折りたたむ

矯正治療中の歯磨剤・歯ブラシの選び方

今日は、矯正中の患者さんにおすすめの歯磨剤・歯ブラシの選び方についてお伝えします。

 

歯ブラシの選択がとても大切!

矯正治療で忘れてはならないのは、確実な口腔ケアを行うための「歯ブラシの選択」です。

マルチブラケットやワイヤーなどの装置が取り付けられた矯正治療中の歯は、歯の表面や叢生歯部位などがとても磨きにくくなります。

そのため、使用する歯ブラシは狭い隙間に毛先が無理なく届くスーパーテーパード毛(先端極細毛)を使用した製品を使うのが理想的です。

他に必須と言えるのが「歯間ブラシ」や「ワンタフトブラシ」です。

歯間ブラシは歯と歯の空隙だけでなく、歯とワイヤー間などの歯ブラシが届かない部位に詰まっている食物残渣を清掃するのに重宝します。

ワンタフトブラシはブラケットの周囲やワイヤーの下に毛先を入れて磨くと効果的です。

 

矯正専用の歯ブラシもある

21_2

メーカーによっては矯正専用の歯ブラシを用意しているところもあります。

・ワイヤー下部やブラケット周辺の清掃性を重視した屋根形カットの歯ブラシ
・ワイヤー下へ毛先が届きやすいように植毛の中央列が短くなった歯ブラシ

普通の歯ブラシだけではなく、これらの製品を併用することで、より一層効果的な口腔ケアが可能です。

 

矯正治療中の歯を守るおすすめの歯磨剤

う蝕リスクが高い矯正治療中におすすめなのが、う蝕予防に効果的なフッ素配合の歯磨剤です。

フッ素配合歯磨剤にもさまざまな製品がありますが、う蝕予防で大切なのは口腔内のフッ素濃度を高い状態に保つことです。

そのため、口腔内にフッ素をとどめておけるように少量洗口ができる製品が特におすすめです。

 

磨き残しのプラークが確認できる染色剤もおすすめ

磨き残しをしやすい部位を確認するために染色剤を活用するのもおすすめです。

磨き残しの部位が一目で確認できるので、矯正装置周辺や叢生部の清掃状況が把握でき、う蝕だけでなく歯周病予防にも役立ちます。

 

まとめ

隙間にたまりやすい食物残渣をブラッシングでしっかり落とし、う蝕や歯周病をできる限り予防できるかが矯正治療中のポイントです。

そのために、
・場合によっては矯正専用の歯ブラシを使用する
・歯ブラシ以外に歯間ブラシ・ワンタフトブラシで磨き残しをなくす
・磨く際のポイントを患者さんにしっかり指導する
・フッ素配合の歯磨剤を使う

といったポイントを押さえておくことが必要です。

2018-06-15 17:17:12

コメント(0)

折りたたむ

ワンタフトブラシについて


セルフケアにおいて、毎日の歯磨きが大切なのは言うまでもありません。

その際に、ワンタフトブラシを使うことで、更なる口腔ケアの向上が可能になるかもしれません!


ワンタフトブラシは歯ブラシでは磨きにくい部位・さまざまな症例にも幅広く対応することができ、簡単に使える製品です。



ワンタフトブラシは市販品としては少ないので、知っている方は多くいらっしゃいません。
一方、メーカーでは、歯科医院で勧められて使っていた方から「どこで買えますか?」という問い合わせも多くあるそうです。




ワンタフトブラシの効果的な使い方は?


ワンタフトブラシは狭い隙間に入るので、口腔ケアの向上にはとても有用な製品です。
さまざまな使い方が可能です。



歯間ブラシがうまく通らない部位に


歯間ブラシがうまく通らない隙間は歯間部に汚れが停滞し、炎症が起こりやすくなります。
そのような場合、デンタルフロスを使うのも一つですが、ワンタフトブラシを活用する手もあります。
患者さんからは、「ブラシが歯と歯の間に入っているのがわかり、どこに当てればいいのかわかりやすい!!!」
というような声がありました!!


詰め物やかぶせものの部位に

ワンタフトブラシを使えば毛先が歯間にしっかり入る上、手軽に使えます!


歯のでこぼこ部分に


歯のでこぼこ部分は通常の歯ブラシだと磨きにくく、ステインがついてしまうことが多くあります。
ワンタフトブラシを活用すれば、でこぼこ部分も効果的に磨くことが可能です。


子供の歯に


歯がすべて生えそろっていないお子様の場合、通常歯ブラシでは磨きづらいことがあります。
ワンタフトブラシはヘッドが小さいため奥歯にもスッと入り、通常の歯ブラシでは磨きづらい部分を磨けます。


お子様の場合、生え変わり時期などは、毛先の長いワンタフトタイプであれば、嚙合わせる部分の歯磨きにもしっかり毛先が届き最適です。








歯間ブラシやデンタルフロスももちろん効果的なツールですが、ワンタフトブラシが使いやすい!と思われる方もいらっしゃると思います。

ワンタフトブラシは手軽に使えるので、ぜひ、セルフケアの際のプラスアルファとしてつかってみてください♪



当院でも、ワンタフトブラシの指導なども行っておりますので、ぜひご予約してみてくださいね♪


 

2018-06-08 16:25:51

コメント(0)

折りたたむ

歯間ブラシとフロス



歯間ブラシを使っていればフロスは必要ないの??


すでに歯間ブラシを使っている方でも、フロスを併用することをオススメします。
歯間ブラシは歯と歯の隙間の清掃に向いていますが、狭い空間には使うことができません。
一方、フロスは広い隙間の清掃には向いていないものの、狭い隙間にも使えるのが特徴的です。

このように、歯間ブラシとフロスはお互いの欠点を補う関係にあるため、併用することで効果的に虫歯予防や歯周病予防ができます。

歯と歯の隙間の虫歯が多いお子様にはフロスが特にお勧めです。



フロスは毎食後に使うのが理想だけど・・・


フロスの使い方としては、可能であれば毎食後に使うのが理想です。

ですが、朝は忙しく、昼は会社という方が多くいらっしゃいます。
毎食後使っている方は少なく、ほとんどの方が寝る前のみ使っているのが実情です。

中には「歯ブラシ・フロス・歯間ブラシを全部使わなきゃいけないの?」と思われます。


ですので、まずはフロスと歯間ブラシを1日1回寝る前だけでも良いので使ってみましょう♪





フロスにはミントフレーバーなどがついている製品があります。

昼食後に歯磨きができない場合は、フレーバーがついたフロスを使うだけでも口の中がスーッとした感じになり、すっきりできます。





フロスを使い始めたころに出血をすることがありますが、心配はいりません。

フロスで刺激されることで出血が起こるのですが、たまっている悪い血を排出することになるので、血流の改善がきたいできます。

毎日使用することで次第に出血がなくなっていくので、気にする必要はありません。




フロス・歯間ブラシをまだ使っていない、もしくは片方しか使っていない方は、まずは1日1回試しに使ってみてはいかがでしょうか(^^♪

2018-06-02 12:37:20

折りたたむ

GWのお休みについて



こんにちは。


当院は誠に勝手ながら、4/30・5/3~5/6までお休みとさせて頂きます。

5/7から平常診療とさせていただきます。
よろしくお願い致します。
 

2018-04-28 10:47:28

コメント(0)

折りたたむ

夜寝る前にできる効果的な口腔ケア



寝ている間は「虫歯」 「歯周病」のリスクが高まります。

そのため、寝る前のセルフケアとしておすすめなのが洗口液です。洗口液を活用することで、寝る前に効果的な虫歯・歯周病予防が可能になります。



虫歯のリスクが高い患者さんには、「フッ素配合の洗口液」がおススメ。



寝る前の対策の基本は「フッ素洗口液」を使うことです。
特に虫歯のリスクがハイリスクな方ほど洗口液は使ったほうがいいといえます。

フッ素洗口液の特徴は

1.口に入る1回分のフッ素量が、フッ素洗口液の方が歯磨剤より多い。

2.フッ素洗口液は、洗口した後の水すすぎがないので、フッ素がお口の中に残りやすい。

3.液体なのでお口全体にフッ素が広がりやすく、粘膜などにフッ素が残りやすい。


といった特徴があります。

毎日寝る前に使用することで、虫歯予防の習慣にもなります。


歯周病リスクが高い方には、歯周病ケア用洗口液を!!!


虫歯よりも歯周病リスクが高い方の場合、フッ素洗口液よりもおすすめなのが、「歯周病ケア用洗口液」です。

歯周病ケア用の洗口液の特徴は、IPMPイソプロピルメチルフェノール)やCPC(塩化セチルピリジニウム)、CHX(クロルヘキシジン)といった殺菌剤や抗炎症成分が入っていることです。

特にIPMPはバイオフィルムに効果的な殺菌剤で、寝ている間にバイオフィルムが成長するのを防ぎ、歯周病のリスクを減らします。




虫歯・歯周病のリスクが高まる就寝中。
そのケアには、就寝前の洗口液がおススメです。

洗口液には虫歯予防のフッ素配合のものと、歯周病予防の殺菌剤配合の製品がありますが、
リスクに応じて、フッ素洗口液と歯周病洗口液のどちらを使えば良いか歯科医院などで歯科衛生士さんに聞いてみましょう♪

当院でもおススメしておりますので是非、聞いてみてくださいね(^^♪


 

2018-04-13 17:26:58

コメント(0)

折りたたむ

歯間ブラシの適切なサイズの選び方



そもそも歯間ブラシって本当に必要なの?




よく聞かれるのが、「歯間ブラシって必要なの?」ということです。

とても必要なのです。
『歯ブラシでのブラッシングのみでは全体の58%しか、汚れ(プラーク)を除去できていません。』

フロスを併用すると86%、歯間ブラシを併用した場合95%のプラークの除去ができます。


このように歯と歯の隙間に残るプラークを除去するためには歯間ブラシが不可欠です。




サイズ選びのコツは「一回り小さい」ものを選ぶこと



歯間ブラシの場合、歯と歯の隙間より一回り小さいサイズが最適なサイズです。
隙間にブラシ部分まで収まるぐらいのサイズが目安となります。
大きめの方がきっちり汚れを除去できる気がするかもしれません。

しかし、あまり大きいものを使うと、

・歯と歯の隙間が広がってしまう
・歯肉を痛める
・ワイヤーが折れる

といったトラブルの原因になりかねません。

そのためきつすぎずスーッと入るくらいの感覚のサイズを選び、左右の歯に沿って磨くイメージで使ってください。



歯間ブラシの4つのポイント


1.最適なサイズを選ぶ


患者さん自身がドラッグストアなどで歯間ブラシを購入する場合、大きめのサイズを選びやすいです。
なので、歯科医院での適切なものを選んでもらうのがよいと思います。

2.歯と歯の隙間にブラシをゆっくりといれる

歯間ブラシを歯と歯の間にゆっくりと入れてください。
この時、金属のワイヤーが歯茎に刺さらないように、ブラシを入れる角度には気を付けてください。

3.左右の歯に沿って磨く

ブラシを入れたら、左右の歯に沿って前後に動かしてください。

歯茎に押し付けて磨くと、歯茎の先端がつぶれてしまって、隙間が広がってしまいます。
特に前歯の部分は見た目にも影響するのできをつけください。


4.1日1回でもよいです。

毎食後は大変だと思うので、まずは1日1回寝る前のブラッシングの時に使ってみてください。
1日1回使うだけでも効果はあるんですよ。

使っていてブラシの毛先が痛んできたり、ワイヤーが曲がってしまったら早めに交換してください。




歯ブラシと歯間ブラシの順番はどちらが先ですか????



結論からいうと、磨く部分が違うためどちらが先でも問題ありませんが、先に歯間ブラシを使ってもらうのがおススメです。

歯間ブラシ→歯ブラシの順番で使ってもらったほうが習慣づけになり、虫歯予防や歯周病予防の効果があがります。



ワンタフトの歯ブラシではだめですか?


歯と歯の隙間が大きい人の場合は、ワンタフト歯ブラシを使ったほうがやりやすい場合があります。
歯と歯の隙間にしっかり毛先が入るのであればOKです。




歯間ブラシを毎食後使うとなると大変ですが、歯間ブラシは1日1回寝る前の使用だけでもかまいません。
ただし、大きすぎるサイズを使うと歯肉を痛める原因になるので要注意!
歯と歯の隙間より一回り小さいサイズを選ぶことが大切です。


まだ使ってないという方は1日1回寝る前だけでも良いので、まずは試してみてください。





 

2018-03-30 12:23:34

コメント(0)

折りたたむ

フッ素での虫歯予防と製品選びのコツ




大人の虫歯を予防するには日々の歯磨きが重要です。
その際『フッ素』を配合した歯磨剤やフッ素洗口液を使うのがベストですが、
「フッ素が配合されている歯磨剤を使っていれば、間違いない」そう思っていませんか?

実は、真実は違ったんです。。

今回はフッ素による虫歯予防の基本から、リスクに応じたペースト・ジェル・洗口液の選び方についてお伝えします。



フッ素で虫歯予防ができる3つの理由って?



フッ素が配合された歯磨剤で虫歯予防ができるということは皆さんもご存知だと思いますが、フッ素は次の3つの効果で虫歯を予防することができます。


フッ素の3つの働き

1.プラークによる酸の産生を抑えて歯の脱灰を抑える
2.再石灰化を促進して溶けだした歯を修復する
3.歯質を強化して、酸に溶けにくい歯にする


特に乳歯や生えたての永久歯は軟らかいので、再石灰化を促進させるためにも、フッ素配合の歯磨剤を使うことは必要です。
そのためにも正しいフッ素配合歯磨剤の使用方法をまずは皆さんが知ることが大事です。




フッ素の効果を高める使い方のポイントは3つ!



フッ素配合の歯磨剤の効果を高めるには、口腔内にフッ素を長く留めるのがポイントです。
予防効果を高めるには、次の3つのポイントを意識するのが大切です。

1.年齢に応じた適正な量を使う
2.使用後の洗口量をなるべく少なくする
3.1日の使用回数を多くする


1.年齢に応じた適正な量を使う

フッ素配合の歯磨剤はたくさん使えば良いというものではなく、年齢に応じて量を使い分けることが大切です。

年齢による使用量の目安は表を参考にしてみてください。








2.使用後の洗口量をなるべく少なくする



フッ素をお口の中に長くとどめるためには、正しい洗口方法をすることが必要です。
適量で何度も洗口してしまうと、口腔内のフッ素濃度が落ち込むことがわかっています。


 


3.1日の使用回数を多くする



「1日の使用回数を多くする」というのも大事なポイントで、1日1回以下で使った場合と1日2回以上使った場合とでは、3年間で発生した虫歯の数が20%も減ったというデータがあります。

以上の3つのポイント以外にもメーカーによっては独自のフッ素滞留性技術を使って、フッ素の口腔内濃度を高めているものがあります。

こういった独自の技術も歯磨剤を選ぶ一つのポイントにしてみてください。





フッ素飲んじゃっても大丈夫なの?



フッ素による急性毒性発現の闘値




巷では「フッ素は危ない」と言われてしまうこともありますが、結論から言えば、通常の使い方をしている限りは安全です。

仮にフッ素配合の歯磨剤1回分を全てのみこんでしまったとしても、急性毒性を発現するフッ素の量には全く至りません。


一方、慢性毒性としては歯に白い斑点や褐色などの染みなどの症状が現れるフッ素症があります。
しかし、慢性毒性について気にすべきは4歳ぐらいまでの乳幼児が大量に飲み込んでしまった場合のみで、適量を1日3回使用している分には全く問題はありません。


虫歯リスクに応じた製品の使い分けで、さらに効果的な虫歯予防ができる!


ここまでの流れでフッ素配合製品を効果的に使う方法がおわかりいただけたでしょうか?

基本的にはフッ素が入った製品を使うことで虫歯予防ができます。

虫歯のリスクは、年齢・症状によって次のように分類することができます。








年齢・リスクに応じた製品選びのポイント


・基本的には毎食後に清掃剤(歯磨剤)が配合された「ペースト」の歯磨剤で歯の汚れを落とします。

・虫歯リスクが”中”の場合、「ペースト」に加え、就寝前に「ジェル」を歯全体に塗布するようにブラッシングすると効果的です。

・虫歯リスクが”高”の場合、「洗口液」を使って、より多くのフッ素がお口の中に残せるプラスケアがおすすめです。

・また、うがいが苦手な乳幼児や高齢者の方は、すすぎが簡単な「フォーム」タイプが適しています。


いろいろなタイプの製品が出ていますので、詳しい使い方については、ぜひメーカーさんに尋ねてみてください。





最後に




フッ素で効果的に虫歯を予防するには、

1.年齢に応じた適正な量を使う

2.使用後の洗口量をなるべく少なくする

3.1日の使用回数を多くする


この3点が重要です。














 

2018-03-16 17:25:13

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
Page Top